世界で活躍できる人材|クレーム対応の研修は受けたほうがいい|自分のスキルアップの為に
レディ

クレーム対応の研修は受けたほうがいい|自分のスキルアップの為に

世界で活躍できる人材

スーツの男性

異文化への理解

文部科学省でも各種経済団体でも、グローバル人材育成の必要性を強調していますが、まだまだ日本では国際的に活躍できる人材が少ないと言われています。かつてグローバル人材育成といえば、欧米の常識や商習慣を身につけることが主流でした。しかし昨今では中国や東南アジアに進出する企業も多く、人材育成の内容も多様化しています。グローバル人材育成で第一にイメージするのは語学力の養成でしょう。ただしコミュニケーションスキルは語学力だけでは完結しません。文化の異なる相手を思いどおりに動かすためには、相手の考え方を根本から理解することが必要です。こうした側面に焦点を当てたセミナーは、いろいろな大学や研修機関で開催されています。

管理職にも重要

グローバル人材育成は新入社員を中心に考えがちですが、中堅社員や管理職にとっても重要なことです。管理職が直接海外へ赴任する場合は当然として、グローバル化した部下を十分に使いこなすには、上司も国際人であることが求められます。短期間で受講できるセミナーは、多忙な管理職の発想を転換させる目的で人気があります。海外留学はグローバル人材育成に最も有効な方法のひとつですが、費用や期間の面で高コストになり、せっかく育成した人材が流出するリスクも考えなければなりません。投資に見合った効果が得られるかどうか、慎重に検討する必要があります。グローバル人材育成は長期と短期の二面から戦略を練るのが望ましいと言えるでしょう。